with flower , with green

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

出張1day Xmasリースレッスン 

N様、今回はRaffiaの出張レッスンにお申込みいただきありがとうございました
並びにご参加いただきました皆様、心より御礼申し上げます。


今期最初のXmasリースレッスンは戸田へ出張

ナチュラルなモミやヒバを使ったリース作りをメインに、さりげなく松ぼっくりとシナモンを
飾ったシンプルなリースです。

グリーンを切る、ベースにワイヤーで巻きつける、飾りをつけるの行程は3つ
優しくも、ちょっと根気のいる作業でしたが、さすが仲良しママさんたち
和やかにおしゃべりしつつ、2時間半で完成となりました。

Xmas2013 戸田 関様

皆さん葉色のグラデーションが美しい素敵なリースに仕上がりました!!
飾りつけでちょっとだけ遊びと個性を出していただいて

皆さんどちらに飾ってくれたかしら?
グリーンのやわらかな香りを楽しみつつ、素敵なXmasをお迎えくださいね

 何かご質問などございましたら、遠慮なくコメント欄よりご連絡下さい。
  




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

クリスマスリース保存方法

先日のクリスマスリース作り楽しかったです。約1ヵ月リビングに飾って、毎日見て楽しませてもらっています。
来年までもたせるのが可能であれば、保存方法を教えて欲しいと思いメールしました。宜しくお願いします。

伊藤澄子 | URL | 2013/12/25 (Wed) 14:31 [編集]


伊藤様

伊藤様

先日はXmasリースレッスンにご参加いただきありがとうございました。

お返事が遅くなり申し訳ありません。
ご質問いたたきましたリースの保存方法ですが、造花のリースのように、一度しまっておいてまた来年出すような保存方法は、天然素材のため残念ながらおすすめ出来ません。

現在飾っていただいてますような、風と直射日光の当たらない場所で飾りつづけることにより、緩やかに水分が抜けドライになります。
少しずつボリュームがなくなってきますので、そうしましたら時々リースを裏返しベンチでワイヤーの緩みを締め直します。こうすることにより、グリーンが痩せて抜け落ちるのを防ぎます。
東急ハンズやロフトで販売されているドライフラワーの補強スプレーをしますと強度が増し、退色が防げます。
お正月はリボンを外して水引をつけたり、その先はインテリアに合わせたリボンに交換したりして楽しんでいただくのはいかがでしょうか。
そのまま飾り続けていただきますと、徐々に香りがなくなり、色か少しずつ抜けてきます。
ここからの状態は飾る方のドライフラワーの好みや、考え方によりますが、アンティークっぽい風合いかお好きな方は来年のXmasまで飾り続けていただいてよいかと思います。

フレッシュなグリーンがお好みの方は、ドライの状態を枯れているとお感じになることもあるかと思いますので、日々の暮らしの中で楽しみつつ、経過観察していただけたらと思います。

一般的にドライ商品を飾る場合、おすすめ期間は1年前後と言われております。環境によってもコンディションがかわりますが、長く楽しんでいただけましたら幸いです。

また何かご質問がございましたら、ご連絡いただけると助かります。
Raffia 大出



Raffia | URL | 2013/12/27 (Fri) 01:38 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。